宝くじロト6予想当選、ネット副業、在宅ワークで副収入の招き猫

宝くじロト6の予想で当選番号に当たる方法や、根拠の無い大げさな金額ではない達成可能レベルでのネット副業・在宅ワークで副収入を稼ぐ方法を発信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人気俳優・反町隆史(34)が7月スタートのテレビ朝日・ABC系ドラマ「」(金曜 後9・00)に主演することが8日、分かった。ロト6で大金を当てた男性の体験談をドラマ化。テレビ朝日で連続ドラマに主演するのは初めての反町は、この夢のある話の主演に気合十分。ドラマ放送翌日には、ロト6の売り上げが伸びる現象が起きるかも。
  ◇  ◇
 宝くじで3億2000万円当たったらどうする?そんな庶民の夢が反町主演でドラマになる。
 ドラマは、本当にロト6で大金を当てた男性(久慈六郎さん)がその体験をつづり大反響を巻き起こした「ロト6成金のセレブな私生活」の後に書いたノンフィクション書籍「ロト6で3億2千万当てた男の悲劇」が原作となっている。
 反町は中堅広告代理店の主任で年収360万円という平凡なバツイチ会社員・立花悟役。何げない気持ちで購入したロト6が1等に当選したことから大きく変わっていく運命と悲喜劇を描いたコメディー。「人はお金があれば幸せになれるのか?」「本当の幸せとは?」を問いかけるドラマだ。
 安井一成プロデューサーは「高額当選者の実話が表に出ることは珍しい。その実話感を大切にして、リアリティーを重視した表現で丁寧に描いていきます」と話す。
 これまで型破りな教師やプロ野球選手という当たり役を持つ反町だが、今回は一転して、ごく普通のサラリーマンを演じる。「どこにでもいる普通の男がたまたま3億2000万円を手にしたことによって、いろんなことが変わっていく…。大金を当てたことが吉と出るのか凶と出るのか?ぜひ楽しみにしていて下さい」と気合満々で、9カ月ぶりの主演連ドラでの熱演を宣言した。ほかに中島知子、眞鍋かをり、泉谷しげるらが出演。
 明るいニュースの少ない昨今だが、金曜の夜に視聴者に夢を与えるドラマとなりそうだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。